TOP  >  コンテンツ  >  歯の大切さ
トップ  >  歯の大切さ

人間は生きて行く為に“食”を欠くことができません。ところが、その食をとるための健康な歯や快適な入れ歯がどれほど大きな役割を果たしているか見過ごされがちです。
 歯や口の機能は他のどんな器官と比べても大切さと言うことでは甲乙つけがたいはずですが、粗末にされているように感じられます。
 ここで、“歯の大切さ”について当院の考え方を紹介しておきましょう。

(1)歯は咀嚼器官です。
食物を噛み切ったり、噛み砕くための器官です。

(2)歯は発音器官です。
発音する時、歯の有無は大きな違いになります。既に歯がなくなった人が入れ歯を入れていないと、何を話しているのか分からないこともあるほどです。

(3)歯は感覚器官です。
歯の根を顎の骨につけている組織〈歯根膜〉の感覚は人間の感覚の中でも特に優れています。食べ物の中に小さな石や異物が入っていても見分けられるほどです。

(4)歯は平衡感覚器官です。
バランスの良い噛み合せはその人の平衡感覚を高めます。逆に不具合の噛み合せは平衡感覚を悪くします。スポーツをする時のバランスや精度と密接に関係しています。

(5)歯は生命維持器官です。
しっかり噛んで消化しやすくすると胃腸に負担をかけないだけでなく、寿命を延ばすことや丸飲みやよく噛まないことで寿命を短くしてしまうことがラットの実験で分かりました。つまり良く噛める歯を持っていることは寿命を長くすることができるのです。

(6)歯は唾液分泌器官です。
よく噛める歯でしっかり噛むことによって唾液がたくさん出ます。唾液は豊富な消化酵素とさまざまなホルモンを含んでいて組織の活性化に役立ちます。

(7)歯は美容器官です。
白くきれいにそろった歯はその人を美しく見せてくれます。逆に汚れていたり、歯並びが悪いと、その人の魅力は半減してしまいます。また、歯を失うと生き生きとした面持ちが薄れ、何か間が抜けたようになることからも分かります。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
吉井歯科診療所
カテゴリートップ
TOP
次
私たちが生きていくために