TOP  >  コンテンツ  >  顎関節症治療
トップ  >  顎関節症治療

 歯の治療や歯並びが悪い為に起こる不安定な咬合状態を長い間放置していた為に顎の関節はダメージを受けます。顎の関節が音を出したり、痛くなり始めた人が多いようです。

 さらに放置していると、偏頭痛、耳鳴り、肩こり、首のこり、腰痛、股関節の痛み、膝の痛み、足の痺れなど、女性では生理痛や更年期障害を悪化させたり全身に症状が進んでいきます。

 この様な症状が噛み合わせの狂いから出ている事を知らないために整形外科や整体師、あるいはカイロプラスティックで治療を受けることになります。ここでの治療は痛みや苦痛を取り除くだけで、咬合わせを治すわけではありませんからすぐに症状がぶり返します。

 原因を取り除かないと同じ事を繰り返します。この様なケースで恐いのは精神安定剤の処方をされる場合で、更に状況は悪化します。更に症状が進むと、人間性までおかしくなることがあります。
治療前のOさんの顔写真 治療後のOさんの顔写真

(術前)

(術後)
 Oさんのケースは、更年期障害と顎関節症が併発していました。偏頭痛、肩こり、目まいがあり様々な治療を受けましたが改善しませんでした。左写真は初診時のものですが力なく寂しそうな表情でした。右は3ヶ月後に完治した時のもので表情は明るく、目がキラキラと輝いているようになりました。Oさんは、更年期障害と思っていた不快感が当院の顎関節治療を受け、全快して“夢のようだ”と喜んでいました。
 肩こりが強かったり、腰痛が激しい時には整形外科やカイロプラスティックでは頚椎症や腰椎症として対症療法するようです。このようなケースのうち相当数のものが噛合の狂いによる顎関節症が含まれていますからそれらのケースでは症状は改善しません。

 当院の治療はそれらの原因となっている“咬み合わせ”を治し、その人の持っている“最適な位置”に戻します。治療効果が長続きし、人生が変わったのではないかと思うような明るさを取り戻してくれる人もいます。これは当院の特徴的な治療です。
立っている状態で姿勢が良くない写真 プレートを入れて姿勢が良くなった写真
 顎関節症は初めはたいした症状を出しません。耳の前の辺りの違和感ぐらいですが、長期間放置するとやがて肩や腰、膝の関節に症状が進み、時には精神科の治療を受ける人もいます。
 
この男性は30年間、膝の痛みに悩まされていました。プレートを入れる前は後方にふんぞり返っているようでしたが、プレートを入れるとスクッとまっすぐに立てるようになりました。そして膝の痛みは全快しました。

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
矯正治療
カテゴリートップ
TOP
次
訪問診療