TOP  >  コンテンツ  >  福祉・講演活動について
トップ  >  福祉・講演活動について

 歯を治して咬合力や咀嚼力を回復し、健康を取り戻しても自分だけが楽しんだのでは意味がありません。家族や、社会のために何かしたくなるような人間性や社会性を回復してこそ自分が健康になった本当の喜びになるのではないでしょうか。

 そういう理由から、当院では本来の歯科診療だけでなく、ボランティア活動にも積極的に参加しています。

 世界に目を向けると、不幸な人達が沢山います。その人達に自分の持てる力や、時間を捧げたくなるような人間愛の回復が私達の願っている究極の歯科医療です。

福祉活動

(1)フィリピン医療奉仕
 当院では10年前から始めました。これはフィリピンの恵まれない人達のために、実際にフィリピンに出かけ、歯の治療をする奉仕とハブラシやタオル、石鹸を集め、この人達に送る奉仕です。また、この活動に高等学校生に参加してもらい、日本の人達がいかに恵まれているか実感してもらいこれからの自分達の在り方についてしっかり考えてもらう活動につなげています。

(2)町の障害者サポート、やまゆりトレーンやバザーなどへの参加

往診をしている施設の文化祭、夏祭りなどへの参加と協力です。

 

2016年5月8日(日)に御代田町にあります龍神の杜公園にて、やまゆりトレーンの皆さんとバザーを行います。出品する品物を集めております。5月6日(金)までに林歯科にお持ちください。

 
(3)施設の行事と介助
車椅子利用者の旅行の介助です。この活動への参加と協力をしています。

講演活動

 当院の林春二は健康や教育について講演活動を行っています。また、フィリピン医療ボランティアを通して、恵まれない人達の救援活動も行っています。

 いつでも、どこでも、人数の大小にかかわらず声をかけてください。

 著書には「豊かさ実感できる医療を求めて」(章文館)、「こころ」(東城印刷)、「訪問診療」(ジャパンサイエンス)、「笑顔」(東城印刷)、「介護保険」(労働旬報)、他論文多数があります。随時これらを紹介していきます。

フィリピン医療ボランティアハローアルソンについて

 私達は“歯を抜きません”。にもかかわらずフィリピンの恵まれない人達は歯ブラシを買えないために虫歯にしてしまい、痛くなって歯を抜く人がとても多いのです。

いま、世界には65億人の人が生きています。この中には経済的な理由から“食する”ことが出来ずに命を絶たれてしまう気の毒な人たちが相当数います。

 その中には餓死で亡くなる子供が20秒に一人、一年間には1000万人以上が死んでいくというデータもあります。
 一日、一ドル以下で生活をしている極貧層の人たちがなんと13億人います。この人たちはいつも“食する”ことで死と直面している気の毒な人たちです。

 その一方でわが国は食糧の自給率が40%以下で、自国では自分達の食べる食品が調達できないのに、肥満の問題がクローズアップされ、大きな社会問題になっています。

国際化が進む現在、私達ももう少し大きな視野にたって食生活を考えなければいけないと思います。

 私達は国際的な見地からフィリピンの恵まれない人達の歯を守るために歯ブラシを集めています。
“ハローアルソンフィリピン医療ボランティア”は歯ブラシ一本から参加できる素晴らしい医療ボランティアです。

2013年フィリピン医療アクティビティー参加高校生募集

フィリピン医療アクティビティ参加者募集!!
今年度は下記の要領で高校生を募集します。海外ボランティアと言っても難しいことはありません。出来ることは沢山あります。一緒に参加し、若いパワーで活動を盛り上げてくれる皆さんを待っています。


1.募集人員  若干名
2.募集期間  2016年7月30日(土)締め切り
3.2013年のアクティビティー
      1)日時:  2017年2月8日(水)〜2月11日(土)  
      2)場所:  フィリピン国 
      3)宿泊:  マニラ市内ホテル 
      4)参加費: 160,000円(内自己負担50,000円)

           ・残りの費用は患者さんや有志の皆さんのカンパにより成り立っています                                                                
           ・参加人数により負担が増えることがあります

4.参加資格
                1)高校1・2年生(特に必要と認める3年生)
      2)保護者と学校の認める学生
      3)将来フィリピン医療を支える会に協力できる学生
      4)帰国後、報告会に参加できる学生
5.選考方法  書類と面接
        書類は履歴書と志望動機(400字程度)を郵送してください
6.面接日時  2016年8月4日(木)  時間 PM 6:00〜  

  
   〒389-0206 長野県北佐久郡御代田町御代田2422−79
   林歯科診療所内フィリピン医療を支える会  会長  林 春二
   担当者:林歯科診療所 桜井 真由美
   TEL:0267−32−3613/FAX:0267−32−5979

 

プリンタ用画面
友達に伝える
前
著書の紹介
カテゴリートップ
TOP
次
マブハイ通信 フィリピンアクティビティー報告